やせたら焼肉食べたい…

〜やせたら焼肉食べたいブログです〜

家賃払えない 家賃滞納 どうなる Part3

賃貸住宅にお住みの方へ

毎月の家賃をきちんと納めていますでしょうか?

何らかの事情により家賃が払えない状況の方、現に家賃滞納をされている方必見です。

今後起こり得る事と対策をご紹介して行きます。

 

前回の続きです。

 




 

 

 

 

 

çé¢ã«ããã§ããã¨è²¼ãæ£ãã°ããç´

強制執行

家賃滞納3ヶ月経過

家賃滞納を始めて3ヶ月ほどが経つと状況が大きく変わりはじめます。

未納家賃回収のための督促は継続しますが、さらに同時進行で賃貸借契約を解除するための動きがあります。

 

前回もお話した通り、賃貸物件を借りた人と貸した人との間には賃貸借契約という契約が存在します。

この賃貸借契約があるために、借主の権利が守られ、また義務が発生します。

これと同様に権利と義務が貸主にも発生します。

お互いに契約の範囲で権利が守られ、義務を果たす事になります。

基本的には借主が義務を果たしている以上、権利は強く守られています。

 

しかし、3ヶ月以上の家賃滞納が発生した場合、借主が義務を果たしていないという認識になり、それを以って契約解除へと進んでいきます。

 

では、実際にはどのような動きがあって契約解除になるのでしょうか。

それは、ある日突然届く1通の封筒から始まります。

 

f:id:yasetarayakiniku:20190408044329p:plain

 

事情があり家賃が払えない人や、家賃滞納をしている人は、郵便物に無頓着になりがちです。また、出入りを悟られないようにするために、あえて確認しない方が多いです。

 

しかし、自分の置かれている状況の把握、大家さんや不動産管理会社などの動きを把握するためにも、郵便物の確認は非常に大切です。

 

まずは自分宛の郵便物をしっかりと確認しましょう。

 

その中に、内容証明郵便が含まれているかどうかがとても重要になります。

 

内容証明

内容証明郵便とは、 郵便局が行なっているサービスの一つであり、

 

「いつ、いかなる内容の文章を誰から誰宛に差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって郵便局が証明する制度」

 

の、事です。

そしてその意図とは、

 

通知自体が要件となっている事

通知自体が法律または契約に基づく要件となっており、その存在を証明する必要性が極めて高い事

心理的な強制力を期待

内容証明以外の連絡には応答しない相手から反応を引き出す事。

場合によっては、期待する反応(返済など)を引き出す狙いがあります。

 

 

 

実際に、家賃滞納が進み、3ヶ月以上となった時点で、いつ内容証明郵便が届いてもおかしくありません。

また、形骸的なものではなく、訴訟の為の前段階に入ったと心得た方が良いかと思います。

つまり、内容証明郵便を受け取った時点で、訴訟などの裁判手続きの前の

『最後通告』

として理解をした方が良いでしょう。

 

 

 

そしてこれらの証拠をを元に訴訟へと進んでいきます。

この続きは、また次回に書きたいと思います。

 

 

最後までお読みくださりまして、ありがとうございました。