やせたら焼肉食べたい…

〜やせたら焼肉食べたいブログです〜

【リストストラップ】リアルな感想をお伝えします。

こんばんは。

痩せたら焼肉食べたい”やせやき”です。

 

今日は、リストストラップを1年使った感想をお伝えしたいと思います。

これからウェイトトレーニングを始めようと考えている方、バワーグリップとリストストラップのどちらを購入するか迷っている方に必見の内容になっています。

 

 

 

この記事の内容

 

 

 

そもそもリストストラップって何?

 

レーニングアイテムの1つで、手首につけて使用するアイテムです。

バーにリストストラップを巻きつけるので、握る力が弱くても、手とウェイトが固定されるので安定したフォームでトレーニングをする事ができるようになります。

 

 

 

リストストラップの必要性

重量, 解除, 電源, 女性, ジム, フィットネス, 若いです, スポーツ

 

  • ウェイトトレーニングをする際に、ダンベルやバーベルを持つ手が疲れちゃう
  • 懸垂をするたびに、バーを掴んでいる腕の方が先に痛くなってしまう
  • バーやグリップが細く、手に合わずにうまく握り込む事ができない

 

こんな経験された事ありませんか?

 

もし、このような経験をされた方がいましたら、これらはリストストラップを装着することにより全て解決する事ができます。

\送料無料/ king2ring リストラップ リストストラップ 58cm 2本セット pk240

 いますぐ購入して、ジムで使ってみてください、

 

パワーベルト同様に、ウェイトトレーニングをする方には必須アイテムです。

 

 

 

リストストラップは高重量専門?

リストストラップが特に存在感を発揮させるシーンが、引く動作をメインに行う種目の時です。

具体的に言いますと、

などが挙げられます。

 

そして、これらの種目をより高重量で扱う場合には絶対に必要になってきます。

なぜなら、対象筋より先に握力が負けて握る事ができなくなるからです。

 

しかし、このリストストラップの良い点は高重量を扱うときだけではなく、女性や握力の弱い人が上記のトレーニングをする際にも活躍します。

 

それは、握る力が弱い事をリストストラップが補ってくれるからです。

 

 

 

パワーグリップとの違い

 

リストストラップを使用する事でのデメリットは、巻き付ける時間がかかる事です。

これは慣れれば何も思わずにすぐに付ける事ができますが、初めのうちは手間取り、トレーニングのリズムを壊してしまうかもしれません。

 

パワーグリップは、この点を特に改善させたアイテムになっています。

これはバーに巻きつけるのではなく、手のひらの部分がフック状になっており、そこにバーをかけ握り込むアイテムです。

 

物にもよりますが、使いやすさは抜群ですが、高重量の場合にはフックが曲がる感覚があったりしますので、初めて買うのであればリストストラップの方をオススメいたします。

 

ちなみにやせやきが当初買ったパワーグリップはこコレです。

f:id:yasetarayakiniku:20191117064321j:plain

 

\送料無料/ king2ring パワーグリップ 鉄製 pk650 claw

 

king2ringのパワーグリップで、爪の部分が鋼鉄製になっています。

使い勝手は良いのですが、デッドリフトなどで130kgあたりからグニャって曲がる感触があり、それ以上の重さを扱うときは、やはりリストストラップを使うようにしています。

 

 

 

まとめ

まず結論からいいますと、リストストラップは絶対に買いです。

そして、必要なアイテムです。

 

どんなに筋骨隆々の人でも、引く動作のウェイトトレーニングでは先に握力が負けてしまうためです。

 

鍛えたい部分に対して、いかに集中してトレーニングを行うかが重要な課題になりますので、そのためにも握力をサポートしてくれるリストストラップは必須な訳です。

 

リストストラップは、2000円もしないぐらいの値段で買えて、その効果は計り知れないです。

是非まだの人は購入して、さらに筋トレのモチベーションと質の向上にお役立てください。

 

 

 

 

 

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。