やせたら焼肉食べたい…

〜やせたら焼肉食べたいブログです〜

ダイエットと栄養の理解が深まると、ダイエットの成功率がグッと上がります。

こんばんは。

痩せたら焼肉食べたい”やせやき”です。

 
 
 
アスパラガス, 緑, グリーン アスパラガス, アスパラガス時間, ペスト, 野菜, 卵, トマト, 食べる
 
ダイエットで最も重要な課題の1つである食事管理。
でも、ダイエットを始めたばかりの人は、今まで食べていた量を減らすだけとか、3回の食事のうち1つを食べないだとか、間違った食事管理をしていませんか?
 
ダイエットで必要な栄養素を理解する事で、正しい食事管理ができ、よりダイエットの効果が発揮されることになります。
 
 
 
今回は
  • ダイエットの時に取るべき栄養素
  • タンパク質ってどれくらい必要
  • サプリメントで代用できるの?

この3点の疑問を中心に書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

contents

 

 

 

3大栄養素

糖質

 

スプーン, フォーク, カトラリー, 粉砂糖, シルエット, 食べる, 招待状

 

  • 主にエネルギー源として使われる。
  • 糖質が足りなくなると、筋肉や脂肪が分解されて代用される。
  • 過剰に摂取すると、中性脂肪に変換され脂肪になる 。

 

脂質

 

石鹸, 油, アーモンド, コア, スポンジ, あんず, 石鹸作品, ウェルネス, もちろんです

 

  • エネルギー源に使われる事もある。
  • 細胞膜や臓器、神経などの構成部分になったり、ビタミンの運搬を助ける。
  • 正常なホルモンの働きを助ける。
  • 摂取量が多いと脂肪として蓄えられる。

 

タンパク質

 

バーベキュー, 牛肉, 炭焼き, グリル, 食品, ラム, 昼食, 肉, 豚肉, 赤身の肉, レストラン

 

 

 

ビタミン・ミネラル

先ほどの3大栄養素に、ビタミン・ミネラルを加えたものが5大栄養素と呼ばれます。

 

ビタミン

 

レモン, レモネード, ドリンク, のどの渇き, リフレッシュメント, おいしい, 水中, 空気の泡

 

  • 体内で合成できる量が限られているため、必ず食品から摂取しなければいけない。
  • 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分類される。

 

 

ミネラル

 

牛乳, ヨーグルト, ドリンク, カルシウム, ガラス, クリーム, ボトル, 食品, 朝食, 木材

 

  • カルシウム、鉄、ナトリウムなどの16種類の必須ミネラルがある。 
  • ミネラルは体内では合成できないため、食事からとる必要がある。

 

 

必要量

 

水平, コントロール, 重量, トマト, 赤, 健康, 新鮮, サラダ, 食品, 野菜, 栄養, キッチン

 

5大栄養素がわかったところで、必要な量について解説していきます。

しかし、この必要量が非常に難しい問題でもあります。

 

以下をご覧ください 

東京都福祉保健局

あなたに必要な1日の栄養量は?|とうきょう健康ステーション

 

細かい目安というのが、それぞれの栄養素ごとに設定されておりますが、非常に複雑になっています。

 

毎食ごとに各栄養素を測定するのは現実的ではありません。

大事なことは、各栄養素をバランスよくとることであり、その数字ではありません。

 

 

 

サプリメントの有用性 

 

No, ビーチ, 砂, 記事, 書きます, 読む, Msn の手紙, 太陽, 海洋, 沿岸, 休日

 

ビタミンやミネラルをはじめ、様々なサプリメントが販売されています。

では、どのサプリメントでも健康に直結するのでしょうか?

 

答えは、NOです。

 

サプリメントとは、すなわち補助、補充の意味からもわかるように、足りなかった栄養素に対して補完する働きがあるだけなのです。

食事の代わりになり得るものではないということです。

 

前項でも解説した通り、大切なことは、バランスの良い食事を食べ続けるという事に尽きます。

バランスの良い食事があって初めて、それを補助するサプリメントが生きてくるのです。

 

 

 

最後に

 

最後に, カーテン, 紫, 閉じる, 男, 劇場, 映画, シネマ

 

昨今のフィットネスブームでは、いろいろな情報が流れていて、どれが正しくて、どれが間違っているのか、真偽を見分けることはとても難しいです。

 

  • タンパク質を自分の体重×2〜3倍にするとか
  • 脂質を極力控えて、1日あたり5g以下に抑えるだとか
  • 糖質は一切取らずに他の栄養素で補うだとか

 

これらの方法は、それぞれ別にある目的に合わせるために、行っている方法です。

全てが健康のためにしている方法ではないという事です。

 

フィットネス=健康増進とは今の時代はなっていませんので、ご自身でよくその情報を確認して、取捨選択をする事が大事だと思います。